ウイング

 

ウイングボディメンテナンス

荷主先での、積み込みや積み下ろしの最中に突然開かない、閉まらない!

冬場に多いウイングの故障の背景は、油圧モーターを直流モーターで油圧を発生させ、ウイングシリンダーを作動させています。油圧の作動油は経年劣化し、潤滑効果が年々低下し、知らず知らずのうちにシリンダーや油圧モーターの摩耗を早めることになります。摩耗と共に、鉄粉や金属片などがフィルターに詰り、シリンダーが突然動かない!あるいは、ソレノイドバルブに異物が固着し、ウイングが自然降下するなど故障が次々と発生する事が多くなります。

荷主先での、積み込みや積み下ろしの最中に、突然開かない、閉まらないと言う故障が運送事業にとって致命的になる場合があります。もっと深刻な故障がウイングを開閉中に、突然油圧ホースが破裂する!荷物は作動油で油まみれ、もうその荷物は納品できません。そんな事にならないために定期メンテナンスが必要なのです。

突然のトラブルを予防すると共に、修理費用の削減につながります。長年の経験と実績のある、経験豊かな整備士が、点検から修理まで責任を持って作業いたします。

メーカー問わず対応可能です。ご相談ください。