第2話 具体的な原因とは・・・

現在、一番のドライバー泣かせ!整備士泣かせ!のエンジンチエックランプ点灯
これは、あくまで現象であって原因はさまざまである。

原因として考えられる要素は、2waph1 Gscan2
1) 電子制御式インジェクターの不具合
2) 触媒マフラーの目詰まり
3) 強制燃焼不良
4) 自然燃焼不良
5) SCR(尿素還元装置)の不具合
6) 水温センサー不良
7) EGR(排ガス再燃焼装置)の不具合
8) 排気ガスシャッターの不具合
などである。また、触媒の再生には、自動再生と強制再生がある。水温が一定の温度に達しないと燃焼されない。原2waph1 active因は、複雑に絡み合って重複していることも少なくない。このように、もはや熟練整備士でもコンピューターの原理と操作を理解できずに整備はできない時代となった。そこで目に見えない故障を読み解くスキャンツールがなくてはならない必需品となった。

技術屋にとって実に奥が深くおもしろい!スペースシャトルが宇宙空間で故障し、地球上の管制室からシャトルの故障を解析し、直すなんて手塚治虫2waph2の世界かと思っていたら現実にトラックを含む自動車整備に必要不可欠な技術となった。現在エフテックでは、特殊整備の作業項目として、不具合が発生し直る見込みが有るインジェクターを、インジェクターその物を交換せずに、ほぼ正常な状態に復元している。

特殊装置と独自のテクノロジーで、数十万円ものインジェクターを交換せずほぼ正常な状態に復元する。加えて、スキャンツールでも焼き切れないDPR触媒のハニカムセラミックスの詰りなども分解し特殊溶剤によって復元させる。この技術によって百万単位の触媒も交換することなくほぼ正常に戻す!

2waph567

ある大手運送会社の車両が、エンジンチエックランプが点灯し走行不能となった。ディーラーに持ち込んだところ、インジェクターと触媒を交換する以外方法はないと診断さ れ、もらった見積もりは150万円となっていて驚いたと言う・・・

そこで相談を受けたエフテックは、見事30万円で修復した。

2waph3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*