第3話 新たなサービスへの展開

インジェクター不良に対する新たなサービスへの展開

電子インジェクターは、高額で特殊な環境と設備がなければ分解できない。!
しかし、エフテックのトラック修理技術は、非分解でほぼ復元させることができる!

長時間のアイドリング運転や低速走行でのストップアンドゴーを繰り返す使用条件では、触媒温度が上がらず、PM(粒子状物質)が触媒に堆積し、燃焼温度が上がらない。結果、エンジンチエックランプが点灯するという現象が現れる。そして、燃焼室インジェクター画像内はカーボンスラッジで真っ黒で不完全燃焼が起こり、さらにPMが堆積する。

こうなるとエンジン不調となり、最悪始動不良になってしまうことになる。触媒の詰りとインジェクターの関係は、相関関係にあり同時の整備が必要だが交換されてしまうと大型車両では、数百万円も不思議ではない。

そんな、ユーザーの経済的負担を軽減し、安価でベストな状態に復元するサービスが千葉県にある、トラック修理工場「エフテック」の特殊技術です。

価格は概算で、2トン車:約16万円、4トン車:約22万円、大型トラック:約29万円です。この価格は、部品交換のわずか20%足らずでほぼ復帰できます。工期は2日間のみです。

ブログ第3話 BG2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*